住宅購入ローン金利の選び方

住宅は高額なものであるため、住宅購入には住宅ローンがつきものです。住宅ローンは豊富な種類がありますが、どんな選び方をすればいいものなのでしょうか。多くの人が、金利の低い住宅ローンを望んでいます。住宅購入のためにローンを使う時には、低金利であればあるほど理想的だという人もいるようです。金利が低いローンは返済中に金利や返済額が上がる場合もあるので必ずしもそうとはいえません。金利の低い住宅ローンは住宅購入資金を同じ返済額でたくさん借り入れることができます。低金利の住宅ローンは、変動型や、固定金利期間選択型のような、金利が変わるローンが多いようです。住宅ローンを組んだ時より高金利になれば、結果的に返済総額も増額されます。仮に変動型金利を選択した場合、毎月の返済金額は5年に一度変動し、最大で1.25倍増える可能性があります。金利自体は半年に一度見直され、計算し直されます。変動金利型で住宅ローンを使える人は、収入アップが期待できる人や、教育費などの負担がこれから先減ることがわかっている人などです。変動型金利に対して、固定型金利の場合は、数十年後の返済が終わるまで金利はずっと一律ですが、やや高金利になります。返済中に金利や返済額が変わらない安心感が全期間固定型のメリットです。返済額が一定なので住宅購入後の将来プランも立てやすく、子どもの教育資金の貯蓄などに集中できます。住宅購入時にローンを決める時には、将来にわたってどんなお金の使い方をするかも合わせて考えましょう。

住宅購入ローンの種類

住宅購入時には、住宅ローンについても考えなければなりません。どんな住宅ローンがあり、それぞれにどういった特徴があるかは、住宅ローン選択の鍵を握ります。納得のいく住宅ローン選びをするためにも、住宅ローンにはどんな金融商品があり、審査ではどこを見るかを確認します。住宅購入のためのローンでもっともポピュラーなのが銀行ローンです。メガバンクや信託銀行、信用金庫などの金融機関が独自に扱っている住宅ローンです。金利は銀行によって違い、各金融機関にって設定している金利が何%かは違っています。手数料や、担保条件といったものも、金融機関ごとに違いますので気をつけましょう。35年間の金利固定して融資を行うというフラット36住宅ローンは、多くの人に人気があります。住宅支援機構が民間の金融機関が融資をした住宅ローンを買い、それを担保にする形で債権を出すというものになっています。モーゲージバンクという住宅ローンを専門に取り扱っている会社も、銀行の住宅ローンと同様、フラット35が使えます。フラット35の内容はどこの金融機関でもすべて同じですが、金利は取扱い金融機関によって異なりますし、事務手数料もさまざまです。銀行ローンとフラット35では借入条件も違いますので、住宅購入を検討している場合にはよく調べておくことが大切です。住宅ローンは、住宅購入を決心した時点から取り組んでおきたいテーマです。

住宅購入ローンのチェックポイント

どんなことに気をつけながら、住宅購入に向けてのローンを組んでおくといいものなのでしょうか。金利の決め方や、金融機関のタイプによって、住宅ローンの貸付条件は大きな差があります。不測の事態が生じて返済に無理が生じた場合や、早めの返済をしたい時の仕組みなども確認しておきましょう。必要なときに借りたお金が支払われるかは提携ローン以外を選ぶときは要チェックです。住宅購入をするときには新築住宅を買う手続きと、住宅ローン借り入れ手続きの流れを知っておきましょう。住宅購入の手続きをしてしまってから、住宅ローンの融資に時間がかかることがわっては、契約不履行になる可能性があるためです。もしも、不動産業者と、住宅ローンを利用する金融業者の提携関係ができていれば、支払い時期の調整作業はいりません。融資を受ける時期と、不動産側に費用を支払う時期が食い違わないように、自力で住宅ローンの手続きをしている時は要注意です。時には、古い住宅をリフォームして、そこに住むということがあります。フラット35や財形融資なら中古住宅の代金とリフォーム費用を同じ金利で借りることができます。フラット35の融資はリフォーム完成後に実行されるのでつなぎ融資が必要になります。住宅購入時にローンを組む時には、資金の流れをきちんと把握することが大事です。

住宅ローンを変動金利で組むリスク

金融会社や不動産会社がモデルケースとして提示しているからと、変動金利を使う人が多いようです。住宅ローンを決めることは思い切った行為ですが、変動金利制をつかえば金利が低く見えるためです。変動金利で住宅ローンを利用する時の、注意すべき点は何でしょう。金利が低い情勢が続いてるために、今は変動金利を利用し、ゆくゆく金利が上がる兆候が見えたならば固定金利にすればいいと考える方もいますが、適切な考え方ではありません。短期プライムレートという日銀の精算金利に基づく金利が、変動金利や、短期固定金利の場合に使われている金利です。短期プライムレートは日銀の政策に基づいているため、日銀の動向次第で金利の上下が推測でます。長期の固定金利では、誰かがその融資の金利を決定しているわけではありません。金融市場の動向によって決定するため、原因は複合的なものになります。そして、長期金利は短期金利より早く金利に反応します。変動金利が上がっているから、長期金利にしたいと思っても、長期金利の上昇は済んでいるということが少なくありません。今後どのように金利が変わるかを織り込みながら、変動金利を利用する必要があります。家計に余裕があり、金利が万一上がっても対応できるという方はいいですが、将来的にお金が必要になる機会が多くなる家の場合は要注意です。金利が低いタイミングで、住宅ローンを変動金利で借りることはよい点もありますが、今後、ローンの返済がどのように変わっていくかもある程度イメージしておきましょう。

住宅ローンは変動金利が有利なのか

変動金利を選んで住宅ローンの融資を受ける人は少なくありません。設定される金利は低くなるため、借入金額を高くしたり、返済を抑制することが可能です。金融機関や、不動産会社も、住宅ローンを組む時には変動金利を推奨することが多いようです。広告に掲載されている不動産の金額は、住宅ローンを使う時には変動金利を選択したものとして試算されていることが多いと言われています。念願の新居を買うには、変動金利の住宅ローンにしたほうがお得だというイメージを抱きがちですが、変動金利は固定金利より返しやすいものなのでしようか。変動金利制の金利変動は、半年に一回です。また、金利が大きく上昇した時に、返済不能に陥らないようにするセーフティがあります。5年ルールおよび、1.25倍ルールが、変動金利にはもうけられています。5年ルールとは、金利を半年に1度見直していても、実際に金利を増やすのは5年おきにするというルールになります。1.25倍ルールとは、金利を見直した場合でも、1.25倍以上は増やさないというものです。これで大幅な金利上昇は起きなくなります。けれども、実際の金利が上がっていれば、月々の返済をきちんとしていても元金の返済が遅れます。あまりにも金利が高くなりすぎると、未払い利息が出るほどの事態になってしまうといいます。もしも、住宅ローンの最終返済日になっても利息が返済できていなかった場合、利息の全額を支払わなければいけなくなってしまうといいます。

住宅ローンの変動金利の仕組み

住宅ローンの変動金利と固定金利は、どのような違いがあるかよくわからないという人がいるようです。変動金利は金利が変わるので、先々のことが不安になると考える人もいます。変動金利とは、どういった仕組みの金利のことなのでしょうか。詳しい貸付条件は金融会社によって差がありますが、変動金利制では年に二回金利が改定されます。返済金額の変動は、金利の変更に伴って起こるという印象があります。ですが、基本的には、5年間は金利が据え置かれるという方法が、住宅ローンの返済の形です。金利については半年に一回ずつ、五年がたてば10回変動しているはずですが、その間は月々の返済金額は全く変わらないというのが、変動金利制のスタイルです。変動金利制なのに金利が変動しないのはなぜでしょう。いくら変動金利制といっても、半年ごとに返済金額が変わっては顧客の負担が大きすぎるだろうという判断から、住宅ローンの変動金利は5年間変わらないままということになっています。返済金額を5年間据え置くためには、返済額のうちのどのくらいを利息返済としているかを変える必要があります。5年間は返済金を変えないと、金利が上がった時に困ったことになります。返済の何%が利息分かを変えることでつじつまを合わせます。大抵の場合、住宅ローンの返済は最初は利息の返済率が高くでも、だんだん元金の返済に近づくといいます。このバランスが崩れます。もしも住宅ローンの変動金利で融資を受けるなら、大まかな仕組みを知っておくことです。

住宅ローンの事前審査

住宅ローンの事前審査に落ちてしまうけれどその理由が分からない。そんな方に是非知っておいてもらいたいのが、住宅ローンの事前審査に落ちてしまう意外な原因です。理由に心当たりがないと思っていた方も、これを読んだら心当たりが見つかるかもしれませんよ。まず近年増えているのが携帯電話料金の未払いだそうです。最近では携帯電話本体の値段もガラケー全盛期より驚くほど高くなりましたよね。そのため本体自体を分割払いで購入する方も多いそうです。この請求は月々の使用量の請求と一緒にきますが、口座引き落としの際に十分にお金が入っていなかったなどして未納扱いになってしまうことがあるのだそうです。そしてこれが信用問題となるわけですね。健康状態も意外な原因のひとつです。この判断ラインは微妙ですが、ローン完済が難しいと思われる病気にかかっている場合に事前審査を落とされてしまうケースがあります。特に住宅ローンは長いお付き合いになることがほとんどですから、そういったところを見越して判断されることがあるのですね。また年金保険料の未払いも落とされる対象となります。年金制度に疑問を感じる方が払わないことで意思表示をすることがあるのは承知していますが、こういったところで影響が出てしまうのがネックですね。

アパートローン

アパートローンと言う物は賃貸の大家さん向けのローンです。アパートローンは不動産を持っている為それを活用してアパートを経営していきたいと考えている人や、持っている貸家を買いとっていきたいと思っている人、賃貸のオーナーになってリフォームなどをするのにお金が必要だという方などに対して借りる事が出来るローンがアパートローンです。それぞれの金融機関でアパートローン商品はありますが、借入の時の年齢が20歳以上の方が対象になっていますし、ローンを使用する目的としてはアパートやマンションの賃貸の建築やリフォーム、アパート購入資金、借り換え資金として使用することが出来ますね。アパートローンの融資額はそれぞれの金融機関によっては畭なっていますが、200万円以上ということや不動産担保ローンなどもあるのでその場合には限度額が違ってきます。融資してもらうことのできる期間は住宅ローンなどと一緒で、1年以上で最長で30年程度が一般的です。金利を組むのと似た感じの感じですので、団体信用生命保険に入ることも可能ですし、借入の際には審査がある事などもいっしょです。これから不動産投資をしていきたいけどアパートを買う資金がないという人でも審査さえ通ればアパートローンを借りられますからそうなればどんな方でもオーナーになれるので不動産投資が始められます。

住宅ローンセンターとは

住宅ローンセンターとは、銀行のローン受付窓口から分かれた、より住宅ローンに特化したところです。独立した店舗なので銀行とは別になっているといいます。平日の3時以降も営業したり土日にローン説明会なども開催しています。もともとは、銀行が不動産業者とのやり取りを円滑にするためのものでした。今では納得のいく住宅ローンを組みたいという顧客に情報を提供し、住宅ローンを組みやすくするためにも機能しています。住宅ローンについて詳しく聞きたい、納得のいくまで検討したいという人は、住宅ローンセンターを利用するといいでしょう。住宅ローンセンターは、月初めに出す店頭金利の情報を少しだけ早く得ることができます。さらに詳しく知ることが可能なのが、銀行が独自に行うキャンペーン金利がどんなものかということです。住宅ローンセンターでは、銀行業務の延長線上ではカバーしきれないような、住宅ローンに特化した高度な知識を持つスタッフが揃えられています。不動産取引の流れや、税金や契約関係の法律知識など、住宅ローンを組む時は様々な知識が必要となります。新しく住宅を購入する時だけではありません。リフォームや住み替え、ローンの借り換えに関する相談も住宅ローンセンターは受けつけています。

今年は。。。

去年にいろいろと情報をもらっていた不動産屋さんから、年始メールが来た。

情報をもらっておきながら、返事をしていなかったので、少し申し訳ない感じがしてすぐ返信した。

内容はやんわりとした購入意思の延期について。

と言うのも、妻と話し合った結果、もう少し自己資金を貯めてから不動産投資を開始しようと決めたからです。
物件を購入した後に何かあったら、現在の資金ではギリギリになりそうだからです。
何とかやってはいけそうですが、他に資金が回しづらくなりそうと考えました。

営業さんに理解してもらい、しかるべきタイミングがきたら連絡することとしました。
自己資金を貯める間は、勉強の期間だと考えて毎日物件資料をみて行きたいと思っています。

副業で取り組んでいるアフィリエイトに注力して、まずは年内中に月収100万円以上を達成します。
そのキャッシュを貯め、更にアフィリエイトを拡充させ安定化を図り、不動産投資用の資金を貯めます。

実際に物件を買うのは来年になりそう。
去年は焦りすぎていたような気がしています。